粉瘤にティーツリーオイル2019おすすめ

9年ぶりに腫れた粉瘤に、前回同様ティーツリーオイルを塗布していたのですが、
今回使ったのは

ティーツリーファームズで購入した、ティーツリーオイル(プレミアム)。
https://www.teatree.jp/

オーストラリアから直送のwebショップで購入できるのですが、
50mlで1800円と他社と比較してとても安い。
そして品質もよいです。
送料が1000円かかるけど、それでもお安いです。

ここ9年ほど、粉瘤は腫れていなかったのですが、
ティーツリーオイルはわたしにとって常備薬。
虫に刺された時に塗ったり
カンジダ気味になった時に洗面器にお湯貼って1滴垂らして洗浄したり
切り傷できた時に消毒代わりに塗ったり。
エタノールと精製水で希釈して虫よけスプレー作ったり。
殺菌、抗炎症、虫よけ、といった効果を得たい時に活躍します。
ティーツリーファームズのオイルはここ4,5年ずっと愛用中。
香りもパワフルだし。
50mlで買うとかなりの量なので、ケチらずにふんだんに使えます。

時々コメント欄からもご質問いただいたりするのですが、
ティーツリーオイルを原液で皮膚に付けてもよいのか?
という問題。
「原液で付けないでください」という説明書が付いている場合もあるようですね。

植物から抽出したエッセンシャルオイルを使用するアロマテラピーの世界では、
「基本的にエッセンシャルオイルは原液では皮膚に塗ってはいけない。
 希釈して塗布する。
 けれど例外として、ティーツリーとラベンダーは原液で塗布OK。
 ティーツリーとラベンダーは皮膚への刺激が他のオイルよりは強くないから」
という考え方が一般的です。
入門的・基本的なアロマテラピーの本を何冊か読んでもらえれば、
同じように書かれていることを確認してもらえると思います。

ただし、何事も万人にとって大丈夫ということはないので、
いくら他のオイルよりは刺激が少ないとは言っても、
なかには原液で使うことでダメージやトラブルが発生してしまう方も
いらっしゃるでしょう。
原液で使う時には、あくまで患部のみにつけること。
原液を付けたことによって、トラブルが発生した場合は
すみやかに使用をやめること。
心配ならば、お医者さんへ行って診てもらうこともよいでしょう。

このくらいのことしか、わたしからは言えません。
あくまで、原液で使用するのも自己責任の話なので...

なにせお医者に頼らずに自分で粉瘤をなんとか治そうという試みで、
わたし自身も試行錯誤の中で自分にとって良かった方法を提示しているにすぎないのです。

ここで書いている方法が、万人にとって効くとは思わないですし、
ここで書いている方法を生活習慣上できない人だっているでしょう。

ただ、わたしが試みて実際に効果があったことを、
書き残しておくことは、なによりもわたし自身にとって安心なこと。
また同じように腫れた時にこのブログを見て、
対処すればいいと思えることが大事だったりします。

ついでに、どこかの誰かがこのブログを見て、
なにかすこしでもお役に立てることがあるならば、
わたしもとてもうれしいなと思えるのです。


 
posted by suzu at 15:44 | Comment(0) | ティートリーオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9年ぶりに粉瘤が腫れ、そして今

ひさびさの書き込みです。

実は以前に腫れてずっと長いことおとなしかった粉瘤が、2019年7月末に腫れたのです。
熱を持って、ぷっくり隆起し、触ると痛い。寝る時もベッドに当たると痛い。

このところ仕事が忙しく、出来合いのものを食べたり、お魚を食べる頻度が減っていた。
睡眠不足のことも多く、とにかく疲れていた。

そしたら、ある日腫れていました。
体は正直というかなんというか...
それで、ひさびさに自分が作ったこのブログを見て、以前に行ったのと同じように生活を変えました。

睡眠をちゃんととる。
肉よりもお魚。野菜や豆製品を食べる。
ティーツリーオイルを朝晩2回塗る。
どくだみ茶毎日2リットル飲む。
葛湯を食べる。

結果的に8月末に腫れが引いてきて、
9月10日現在、腫れる前の状態に戻っています。
腫れた跡だけ赤く残っていますが、もう痛みも熱もない。

今回、最初にまず食事を変え、どくだみ茶を飲み始め、
すこし遅れて葛湯を食べ始めましたが、
葛湯をきちんと毎日食べるようにした数日後に
腫れが一気に引きました。
効果があったのか、それともただ単に時間の経過で
腫れが自然に引いただけなのかは正確にはわかりません。
でも、結果的に治ったのだから、よしとします。
もしまた腫れることがあったとしても、
同じように対策すれば良くなると思えるのは、心強いものです。

常日頃から、食事や睡眠をきちんとしていれば腫れないのかもですが、
忙しい日々を送っているとなかなか難しい。
でも、腫れた時は、体が「この生活を続けていると大変なことになるよ!」と
警告してくれているのだと、思うのです。
今は粉瘤が腫れただけだけど、
同じ生活を続けたらもっと大きな病気になるかもしれない。
だから、こういう時は食事や生活を見直して、
自分の体を労わることが大事だと思っています。
posted by suzu at 22:20 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

粉瘤完治後、三年経過して

あまりにも長いこと、ここにログインしていませんでした。

粉瘤完治した後、3年経過していますが、
その後粉瘤が腫れることは一度もなかったので
ブログをのぞくこと自体忘れてしまっていました...
そのため、いくつかいただいていたコメントにお返事をせずにいたこと、
申し訳なかったです。

なぜひさびさにここをのぞいたかと言いますと、
粉瘤はまったく問題なく、へそはあるもののたいらな状態なのですが、
なんと顔に原因不明の湿疹ができてしまいまして...
そして例のごとく医者ぎらいなワタクシなので
食事療法と生活習慣の改善によって治しているところ、
ついつい食事が乱れてしまいやすいので
自分を叱咤するためにブログでも始めようかと思い、
ひさびさにのぞいたという次第です。
今回の顔の湿疹、食生活が乱れていたこと、ストレスがあったことなど
いろいろ原因が重なったので長期戦で取り組んでいます。

なんにせよ、粉瘤に関しては完治して以来3年間、
おとなしくたいらなままであることをご報告いたします。
posted by suzu at 19:03 | Comment(8) | TrackBack(0) | 完治その後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

粉瘤を治すのに役立った本

現在、粉瘤が腫れてからほぼ二ヶ月経過。
ぺったんこになった元粉瘤の場所の痕は、
すこしずつ本当にゆっくりですが、
薄くなってきています。

今日は、粉瘤を治すにあたって、
参考にした本をご紹介します。

東城百合子「家庭でできる自然療法」(あなたと健康社)1680円

この本は、かれこれ3年ほど前より手元に置いていて、
弱ったときの救世主!として活用しております。
症状別に、食事法や手当て方法が詳しく載っていて、
とても役立ちます。
実は、「粉瘤」という項目はこの本にはなかったのですが、
「疔と瘍(大きなおでき)」という項目の食事法を
私は参考にしました。

・卵、肉、油っこい魚、えび、かに、あさり、はまぐりなど禁止
・蕎麦はおできによくない
・どくだみを煎じて茶替わりに毎日飲む
・毎日葛湯を1,2杯飲む

などなど。
基本は自然食がいいと記載。
この本で言う自然食とは、

・人工添加物はダメ
・たんぱく質は大豆製品や白身魚、木の実などから
・野菜は青菜や根菜類
・海草は一日一回とる
・なるべく季節にできたもので、新鮮なものを食べる
・脂肪は動物性のバターは避けて、大豆油、ごま油、なたね油など

などなど。これだけではなく、まだまだ色々あるのですが、
書ききれません...。ご興味ある方は購入してみてくださいね。
方法としては、マクロビオティックに近いですね。
私は自然食品のお店でこの本買いましたし。
関東圏だったらナチュラルハウスなどで置いてます。

普通の食事をしていた人がいきなりこの本のような
食事に切り替えるのはけっこう大変だと思います。
私は以前マクロビを試していたことがあるのと、
もともと油っこいものを好んでたくさん食べる方ではなく
自炊好きなので、すんなりできてしまうのですが...
(ちなみに、マクロビは胃弱で痩せ体質の私には
合わなかったようで、栄養失調ぎみになって挫折しました。
今はなんでもおいしく食べます)

私は、粉瘤が腫れて最初の三週間くらいは
お肉禁止にして、あじやサワラなど淡白な魚を中心に、
でも時々カツオなど油の多いお魚も食べてました。
さすがに完全に淡白な魚からしか
動物性たんぱく質とってないと、
フラフラしてくるんですよ...エネルギー不足というか。

ひとつの方法として、参考にしても、
ひとによって体質や状況、生活習慣などは様々なので、
できることをやってみるのがよいと思います。
なんて書くと、自然食を完全に実践してるひとから
怒られちゃいそうですが...
でも健康のために行っていることで、むしろ
体をおかしくしてしまっては本末転倒ですから。
あんまり、「こうしなければいけない」と
自分を追い詰めるとストレスになって病気にも悪いですしね。

また、この本にはおできの手当て法も
満載です(笑

・ビワの生葉をすりおろしてガーゼで包んだものを貼る
・弁慶草の葉を貼り付ける

などなど、にんにくを使う方法もあります。
しかし、私はこの本に記載の手当て法はひとつも
試していません。
なんとなく、粉瘤とおできって、微妙に構造が違うから
おかしなことになったら怖いなあと思ったので...

それを言ったら食事法だってと言われそうですが、
食事法に関しては、油っこいものを食べないとか
野菜中心、完全和食にすることで
病気になるとは思えなかったので、実践しました。

ティーツリーオイルで治らなかったら
ビワの生葉やってみようかなあ、とは思ってましたけど
幸い治りましたし。
そういえば、粉瘤にどくだみの生葉貼って
治療してる方もどなたかのブログで見かけました。

いろいろある方法のなかで、
合う方法が見つけられたらよいと思います。
posted by suzu at 14:51 | Comment(5) | TrackBack(0) | 参考書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

粉瘤にティートリーのせっけん

毎日ティートリーオイルを粉瘤に塗るうち、
ティートリーオイルのすごさを実感した私は、
体を洗う(すなわち粉瘤を洗う)せっけんも
ティートリー入りにすることに。
ちょうどせっけんも切れたし。

近所のドラッグストアで手に入ったのはこれ↓

Drブロナー マジックソープ ティートリー


近所のドラッグストアでは800円くらいする
高級せっけんでしたが、楽天だと半額で買えるようです...
ティートリーの香りはしっかり。
泡だちクリーミーで汚れもちゃんと落としてくれる感じ。
天然成分で作られていて安心。

他に、生活の木でこれも購入↓

サンディーのハンドメイドソープ 
ティートゥリー&ラベンダー&ヘンプソープ


こちらはまだ使ってませんが、
Drブロナーのソープより、香りが優しいかも。
すこし甘めというか。
ラベンダーも入ってるからかな。

効いたのかはわかりませんが、
体を洗うときにせっけんの泡を粉瘤にのせて
しばらく放置してみたりしてました。
なんとなく殺菌してくれるんじゃないかと...
気休めかなあ...
posted by suzu at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ティートリーオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

粉瘤完治!?(しこりも消滅)

粉瘤が腫れてから 第46日目

この間、腫れが完全にひいた時には
しこりが残っていたのですが、
なんとそのしこりもなくなりました!

今は、さわると、どこに粉瘤があったのか
わからないくらいぺったんこです。
赤黒い色素沈着というか、痕は残っているので、
見れば場所はわかるのですが。
それからヘソといわれる黒点はまだあります。
なので、当然中の袋は残ってるんでしょうね...
だから正確には完治とは言えないですね。
また中の袋に垢などが溜まればしこりになり、
抵抗力が落ちてきたら腫れたりする可能性大です。

でもとりあえず、切らずに、薬も使わずに
ぺったんこにできたので
万々歳!
あとはゆっくり、痕が治ってくれるのを
待とうと思います。
それから、予防の意味をこめて、
ティーツリーオイルは粉瘤痕に朝晩塗ってます。
もうブラジャーしても違和感がないし、
ともかくうれしい。
posted by suzu at 14:58 | Comment(4) | TrackBack(0) | ティートリーオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする